【基礎知識】午前6時〜10時頃までが一番ヒゲが伸びやすくなっているので、ひげ剃りは朝行う

適度に日光に当たり軽い運動をしたり、十分な栄養を補給をすることによって一気にひげというのは生えてきません。
朝方や夜中に時間を探してジョギングをしたり、筋トレをするなど適度な運動を繰り返すといいでしょう。 最近では、脱毛エステよりも家庭用脱毛器を利用している人が多くなってきました。
もし脱毛エステでは恥ずかしいと考えているのでしたら、家庭用脱毛器をオススメします。
ヒゲというのは、平均1日に0.2mm〜0.5mm程度伸びていくこととなります。
午前6時〜10時頃までが一番ヒゲが伸びやすくなっているので、ひげ剃りは朝行うこととなります。

 

ヒゲが伸びやすい人というのは、運動不足や栄養不足が原因とされているのです。
まずは貴方の生活習慣を見つめ直すようにしてください。

中央線 賃貸におまかせ
http://www.gulliver-nakano.jp/
中央線 賃貸のコツ



【基礎知識】午前6時〜10時頃までが一番ヒゲが伸びやすくなっているので、ひげ剃りは朝行うブログ:2018/2/19

減量についていろいろと調べていると
「停滞期」という文字を目にすることがありますよね。

減量の停滞期というのは、
頑張って運動したりご飯制限したりと努力しているのに
体重が一時的に減らなくなってしまう時期のことです。

減量の停滞期は、
人間の体に本来備わっている、
生命維持機能であるホメオスタシスという、
危機管理システムによって起こるといわれています。

つまり、
体を守るためにご飯量を減らしても、
体重を維持してしまうシステムなんです。

体がエネルギー不足と判断し、
少ない食べ物でも効率的に利用できる体にしてしまいます。

なので、
余り食べないのに、
体重が減らないといった状態になってしまうわけです。

この減量の停滞期は、
個人差はありますが約一ヶ月程度あると言われています。
減量を成功させるためには、
この一ヶ月を上手に乗り切ることが大切なんです。

体重の5%以上体重が減ると
減量の停滞期が訪れるといわれています。

停滞期が一ヶ月ほど続くと
体の危機管理体制が解除されて停滞期が終わり、
また次の停滞期まで
体重を減らしていくことができるようになります。

停滞期だからといって
あせらず、あきらめず、根気よく
減量を継続することが大切です。

停滞期に減量を中止すると
リバウンドを引き起こしてしまいます。

減量開始前よりも
体重が増えてしまったり、
痩せにくい体になってしまうので、
停滞期中でも減量を続けることが大事なんです!