【基礎知識】午前6時〜10時頃までが一番ヒゲが伸びやすくなっているので、ひげ剃りは朝行う

適度に日光に当たり軽い運動をしたり、十分な栄養を補給をすることによって一気にひげというのは生えてきません。
朝方や夜中に時間を探してジョギングをしたり、筋トレをするなど適度な運動を繰り返すといいでしょう。 最近では、脱毛エステよりも家庭用脱毛器を利用している人が多くなってきました。
もし脱毛エステでは恥ずかしいと考えているのでしたら、家庭用脱毛器をオススメします。
ヒゲというのは、平均1日に0.2mm〜0.5mm程度伸びていくこととなります。
午前6時〜10時頃までが一番ヒゲが伸びやすくなっているので、ひげ剃りは朝行うこととなります。

 

ヒゲが伸びやすい人というのは、運動不足や栄養不足が原因とされているのです。
まずは貴方の生活習慣を見つめ直すようにしてください。

中央線 賃貸におまかせ
http://www.gulliver-nakano.jp/
中央線 賃貸のコツ



【基礎知識】午前6時〜10時頃までが一番ヒゲが伸びやすくなっているので、ひげ剃りは朝行うブログ:2018/9/08

ダイエットに励んでいても
「体重が落ちなくなった…」
ということは誰にでもあります。

ここで多くの人がやってしまうパターンが、
さらに摂取カロリーを減らしてしまうことです。

これをやってしまうと、
代謝も極端に低下して、よりからだの脂肪が落ちなくなります。
摂取カロリーを減らしすぎるのは
ダイエットには逆効果になるので、
絶対にやってはいけません。

からだの脂肪が減らなくなる一番の原因は、
からだが摂取エネルギーの減少に適応してしまうことです。

なので、
食べる事の摂り方に変化をつけることが
ダイエット効果を上げるのです。

多くの人は、
摂取カロリー量を制限する場合、
「減らすこと」しか頭にありませんが、
実は「増やすこと」が大きなポイントとなります。

例えば…
一日1500キロカロリー食べている場合、
7日間のうち2日間、
摂取カロリーを200〜300キロカロリー程度増やします。

この時、
炭水化物でカロリーを増やすのがポイントとなります。
おにぎり1〜2個程度のごはんを
いつもより多く食べるようにするのです。

2日間、炭水化物でカロリーを増やしたら、
またもとのカロリー量に戻します。

5日間は1500キロカロリーで、
2日間は1800キロカロリー摂る、そしてまた1500キロカロリーに戻す。
このようなサイクルで食事を摂ります。

こうしてカロリーを増減した食べる事を行うことで、
エネルギー・レベルを高く保つことができるので
炭水化物を常に制限している場合よりも、
速いスピードでからだの脂肪を落とすことができるのです。

ダイエットではカロリーを「減らす」だけではなく、
時には「増やす」ことも重要なポイントとなるのです。