【基礎知識】肌が弱い人というのは脱毛クリームの使用はなるべく避けた方が良い

【基礎知識】肌が弱い人というのは脱毛クリームの使用はなるべく避けた方が良い



【基礎知識】肌が弱い人というのは脱毛クリームの使用はなるべく避けた方が良いブログ:2017/7/06


減量に励んでいて、
今まで順調に体重が落ちていたのに、
急に変化がなくなると焦りますよね。

でも心配はいりません!
減量中には、
体重が落ちなくなる「停滞期」って、
誰にでもあることなんですよね。

停滞期が訪れる時期は人それぞれですが、
一般的には減量開始から、
二ヶ月~二ヶ月経過したくらいにみられるようです。

この原因は、
主に体の防衛反応によるものです。

減量中は摂取カロリーを制限しますよね。
体にしてみれば、今まで入ってきた
エネルギーや栄養素が入ってこないことになります。

エネルギー不足になった体は一時的に飢餓状態になり、
次に食べ物が体に入ったときに
余分に栄養をため込もうとするのです。

ですから、停滞期に入ったら
体がいまの状態に慣れる過程だと考えて、
それまでどおりの食生活を続けましょう。

体重が落ちないからといって、
食事量をさらに制限するのはおすすめできません。
摂取カロリーが基礎代謝を下回ってしまうと、
逆に痩せにくい体になってしまう恐れがあるので、
注意が必要です。

また運動の効果は、日々継続していくことにより
数ヵ月後から徐々に効果があらわれていくものです。

特に普段から運動をしていない人は、
代謝機能が衰えているので、
運動をしても減量効果を実感できるまでには
多少時間がかかるかもしれません。

焦らずに、
自分のペースにあった運動を楽しみながら
実践してみましょう。

停滞期に惑わされることなく、
食生活のバランス、運動をチェックして、
無理のない減量を続けましょう!
【基礎知識】肌が弱い人というのは脱毛クリームの使用はなるべく避けた方が良い

【基礎知識】肌が弱い人というのは脱毛クリームの使用はなるべく避けた方が良い

★メニュー

【基礎知識】多くのサロンでは簡単なアンケートや施術のカルテの作成をすることが多い
【基礎知識】薬剤を使用することによって溶かしムダ毛を除去する脱毛方法
【基礎知識】一昔前と比較をしますと家庭用脱毛器の価格というのは徐々に低下している
【基礎知識】午前6時〜10時頃までが一番ヒゲが伸びやすくなっているので、ひげ剃りは朝行う
【基礎知識】ヒゲが濃くなる原因としましては男性ホルモンが非常に影響があります
【基礎知識】まずは家庭用脱毛器の効果の根拠を必ず確認をするようにしてください
【基礎知識】ヒゲが濃くなってしまうと不潔なイメージが出てきますので注意しましょう
【基礎知識】電話とインターネットから予約をすることが可能なエステサロンが多くなっている
【基礎知識】脱毛クリームというのは自宅で気軽に脱毛をすることが可能
【基礎知識】肌が弱い人というのは脱毛クリームの使用はなるべく避けた方が良い


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)噂が広まる脱毛ガイダンス